脂肪燃焼があるコーヒーの効果

シミ予防の効果を高める飲み方

コーヒーには、脂肪燃焼やシミ予防など、女性に嬉しい効果が一杯です。シミ予防の研究では、1日に2杯以上飲む方にシミが少ないと言う報告があります。コーヒーにはポリフェノールが含まれており、この成分によって肌のサビを防いでいると考えられています。1日に飲む量は、コーヒーなら3〜5杯程度です。ポリフェノールの量で言うと1000〜1500ミリグラムは摂取したいところです。

 

コーヒーを飲むと30分後くらいから抗酸化作用が働き始め、1日に1杯より、2杯飲んでいる人のほうがシミが少ない事が分かっています。コーヒーを1日に3杯程度なら多くの方が手軽に利用できる量でしょう。脂肪燃焼効果も高く、女性なら毎日飲みたい飲み物です。

 

コーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸ですが、この成分は抗酸化作用だけでなく、脂肪燃焼効果にも一役買っていることが分かっていますよ。脂肪燃焼器官でもあるミトコンドリアへの脂肪取り込みをアップするのです。

 

シミ予防では1日2杯以上でも十分効果が期待できますが、同時に脂肪燃焼効果も期待できるため、3杯〜5杯は飲みたいものです。ポリフェノールの働きは紫外線による肌のダメージを防いでくれます。紫外線はシミだけでなく、肌自体も老化させてしまうものですから、コーヒーを飲むのと同時に避けるようにしてみて下さいね。

関連ページ

コーヒーの脂肪燃焼も高まるシナモン入りコーヒー
コーヒーの脂肪燃焼も高まるシナモン入りコーヒーについて解説しています。
脂肪燃焼を高めるコーヒーの飲み方
脂肪燃焼を高めるコーヒーの飲み方について解説しています。