脂肪燃焼があるコーヒーの効果

脂肪燃焼が低くなる?コーヒーの悪い飲み方

脂肪燃焼やリラックス効果など嬉しい作用が得られるコーヒーですが、過剰摂取は逆に健康を損なうという研究結果も出ています。1日に5杯以上のコーヒーを飲むと、肥満や糖尿病のリスクを上げてしまう、という報告が登場したのです。脂肪燃焼効果も高いコーヒーですから、ダイエットのためにたくさん飲んだほうが良いと、思っていた方も多いのでは?もしかしたら、過剰摂取によって逆に肥満になってしまう事もあるかもしれません。

 

肥満や糖尿病リスクを上げる理由としては、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が理由だという事です。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、健康や脂肪燃焼効果など嬉しい作用も一杯です。しかし、摂取しすぎるとインスリンの働きを悪くしてしまうというのです。飲みすぎていた方は注意してみて下さいね。5杯以上飲むと、インスリンの働きが悪くなり、血糖値が上昇してしまうため肥満や糖尿病になりやすくなります。

 

3〜4杯くらいまでなら、コーヒーの脂肪燃焼効果も上手く働き、更にポリフェノールによる抗酸化作用もよい方向に働くのでしょう。決してコーヒーは健康に悪いものではないという事です。飲みすぎなければ良い効果が得られるわけですから、飲み方にさえ気をつけていれば良いだけです。

関連ページ

コーヒーでリラックス効果を得るための飲み方
リラックス効果を得るためのコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーで眠気覚ましは逆効果になる事も
眠気覚ましにコーヒーを飲むことは逆効果になり得ることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分について解説しています。
コーヒーは飲みすぎに注意
コーヒーは飲みすぎた場合に起こるリスクについて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると太る?
コーヒーを飲みすぎると太る、という説の真相ついて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると…
コーヒーを飲みすぎることによって、寝られなくなったり、疲れたりといったリスクについて解説しています。
コーヒーは鉄分と一緒はダメ
コーヒーは鉄分と一緒はよくないことについて解説しています。
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴について解説しています。
コーヒーを飲むと近くなるもの
コーヒーの利尿作用や排便を促す作用について解説しています。
こんなコーヒーの飲み方はダメ
おすすめできないコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果が高くてもブラックは飲めない?
ブラックコーヒーが苦くて飲めないという人の対処法について解説しています。