脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーを飲みすぎると太る?

脂肪燃焼効果が期待できるコーヒーでも、飲みすぎると逆に太るという説があるのをご存知ですか?この説は、カフェインと関係があるようです。カフェインは交感神経に働きかけ、脂肪燃焼効果があるとも言われています。しかし、飲みすぎるとストレスホルモンを増やす可能性があるとされています。ストレスホルモンのコルチゾールを増加させてしまうと、結果的に肥満に繋がる可能性があると言うのです。

 

ストレスホルモンが増えると、食欲が増えたり、甘いものが食べたくなったり、体にエネルギーを蓄積しようとする働きが起こる事もあります。ただし、コーヒーにはストレスを解消する効果も期待できるため、飲みすぎなければあまり影響は無いと考えられます。コーヒーの香りによるアロマ効果によって、リラックスできるのです。

 

その他、脂肪燃焼を阻害してしまう理由として、興奮するため眠れなくなり、睡眠不足で脂肪を燃焼させる成長ホルモンが出にくいと言う説もあります。コーヒーの脂肪燃焼効果を高めたいなら、1日に3杯〜5杯程度に留める事、更に寝る前には飲むのを止めて適度な睡眠を取れるようにするのがおススメです。飲みすぎなければ良いことですし、運動前に利用すれば、脂肪燃焼効果が高まるのは様々な実験でも確認されています。

関連ページ

コーヒーでリラックス効果を得るための飲み方
リラックス効果を得るためのコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーで眠気覚ましは逆効果になる事も
眠気覚ましにコーヒーを飲むことは逆効果になり得ることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分について解説しています。
コーヒーは飲みすぎに注意
コーヒーは飲みすぎた場合に起こるリスクについて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると…
コーヒーを飲みすぎることによって、寝られなくなったり、疲れたりといったリスクについて解説しています。
コーヒーは鉄分と一緒はダメ
コーヒーは鉄分と一緒はよくないことについて解説しています。
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴について解説しています。
コーヒーを飲むと近くなるもの
コーヒーの利尿作用や排便を促す作用について解説しています。
こんなコーヒーの飲み方はダメ
おすすめできないコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼が低くなる?コーヒーの悪い飲み方
脂肪燃焼が低くなるコーヒーの悪い飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果が高くてもブラックは飲めない?
ブラックコーヒーが苦くて飲めないという人の対処法について解説しています。