脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーは鉄分と一緒はダメ

コーヒーには組み合わせ次第によっては悪影響を及ぼすものもあります。例えば、コーヒーとタバコは有名ですね。口臭が強くとも言われています。コーヒーは脂肪燃焼効果として注目されていますが、食品の組み合わせには注意してみて下さいね。

 

コーヒーに含まれるポリフェノールはタンニンです。このタンニンは鉄分の吸収を阻害してしまいます。鉄分を多く含む食品と一緒にコーヒーは避けましょう。鉄分の補給が必要な成長期の子供、妊婦さんなどもコーヒーの摂取には十分注意が必要です。カフェインも入っているので、どちらも避けたいタイプに含まれます。

 

タンニンは鉄と結びつき吸収率が下がってしまうのですね。生理前や貧血ぎみの方も注意してみて下さい。脂肪燃焼効果は運動前や食後が良いと言われていますが、鉄分が多い食事をした後はコーヒーは避けましょう。食後直ぐに飲まなければそれほど影響は少なく、少し時間を空けてコーヒーを飲むのがおススメです。食後にコーヒーを飲むと食欲を落ち着かせたり、脂肪の燃焼を高めるなどの働きもあり、飲んだほうが良いのです。ただし、食後すぐに飲む必要は無く、栄養吸収のためにちょっとだけ時間を空けることをおススメします。

関連ページ

コーヒーでリラックス効果を得るための飲み方
リラックス効果を得るためのコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーで眠気覚ましは逆効果になる事も
眠気覚ましにコーヒーを飲むことは逆効果になり得ることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分について解説しています。
コーヒーは飲みすぎに注意
コーヒーは飲みすぎた場合に起こるリスクについて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると太る?
コーヒーを飲みすぎると太る、という説の真相ついて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると…
コーヒーを飲みすぎることによって、寝られなくなったり、疲れたりといったリスクについて解説しています。
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴について解説しています。
コーヒーを飲むと近くなるもの
コーヒーの利尿作用や排便を促す作用について解説しています。
こんなコーヒーの飲み方はダメ
おすすめできないコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼が低くなる?コーヒーの悪い飲み方
脂肪燃焼が低くなるコーヒーの悪い飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果が高くてもブラックは飲めない?
ブラックコーヒーが苦くて飲めないという人の対処法について解説しています。