脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーは飲みすぎると寝られなくなる

コーヒーを飲みすぎてしまい、寝られなくなったという経験は誰にでもありますね。脂肪燃焼効果が得られたり、がん予防になったとしても、コーヒーは飲みすぎは良くありません。カフェインの力は思ったより強力なんですよ。脂肪燃焼効果や健康効果などを利用したいと考えているなら、飲む時間帯を調節してみたり、コーヒーを飲む量を変えてみてくださいね。これなら夜寝られなくなると言う事はありません。

 

コーヒーに含まれるカフェインには神経を興奮させる作用があります。摂取した後は4時間くらい効果が持続します。寝る時間から逆算して考えると、夕方、または夜7時くらいまでには飲むのを避けたいものです。カフェインの作用は人によって持続時間も異なるため、6時間前くらいには飲むのを避けてみてくださいね。また、飲む量は1日に5杯が限度だといわれています。脂肪燃焼のために運動前に飲んだり、食事の後と考えても4杯くらいを限度にしてみましょう。

 

その他のお茶、コーラ、チョコレートなどにもカフェインは含まれているので、これらを多く摂る方はコーヒーの摂取量も調節してみて下さい。いくら脂肪燃焼効果や健康効果が期待できるとは言え、飲みすぎると夜寝られなくなってしまうため注意しましょう。高齢になる程作用が強く働くとも言われています。

コーヒーは飲みすぎると疲れる

脂肪燃焼効果を期待したり、眠気覚ましにも良く利用されているコーヒー。しかし、飲みすぎると疲れてしまうという説もありますよ。コーヒーには皆さんがご存知の通り覚醒させる効果があります。目を覚ましたり、気分をスッキリさせて元気になった感じがしますね。しかし、コーヒーの力で無理やり覚醒を繰り返していると、体に疲労が蓄積されている事に気がつかない事もあるのです。コーヒーには傷みを和らげる効果もあり、疲労に気が付きにくくなります。脂肪燃焼効果があるなど、よい飲み物ではありますが、無理やり元気付けるためにコーヒーの力だけに頼らないようにしましょう。

 

コーヒーを飲むとコルチゾールとアドレナリンが分泌します。これらのホルモンが多くなりすぎると、疲れたり、免疫力が下がったり、性ホルモンの減少などが起こると言われています。どちらもスッキリさせたり目覚めを良くするには良いのですが、分泌しすぎれば体が疲労しやすくなると言うわけですね。日本人はコーヒーを飲んででも頑張るという習慣があるため、気をつけるようにしてみましょう。

 

脂肪燃焼効果を高めたり、気分をスッキリさせるなど、1日に5杯くらいを限度に考えてみて下さい。飲みすぎれば思ったより体が疲労していることにもなりかねません。

関連ページ

コーヒーでリラックス効果を得るための飲み方
リラックス効果を得るためのコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーで眠気覚ましは逆効果になる事も
眠気覚ましにコーヒーを飲むことは逆効果になり得ることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分について解説しています。
コーヒーは飲みすぎに注意
コーヒーは飲みすぎた場合に起こるリスクについて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると太る?
コーヒーを飲みすぎると太る、という説の真相ついて解説しています。
コーヒーは鉄分と一緒はダメ
コーヒーは鉄分と一緒はよくないことについて解説しています。
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴について解説しています。
コーヒーを飲むと近くなるもの
コーヒーの利尿作用や排便を促す作用について解説しています。
こんなコーヒーの飲み方はダメ
おすすめできないコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼が低くなる?コーヒーの悪い飲み方
脂肪燃焼が低くなるコーヒーの悪い飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果が高くてもブラックは飲めない?
ブラックコーヒーが苦くて飲めないという人の対処法について解説しています。