脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーは飲みすぎに注意

脂肪燃焼効果が高かったり、美容や健康によくてもコーヒーは一日に飲む制限がありますよ。あまり飲みすぎてもカフェインの逆効果があったりするので注意してくださいね。何でも体に良い食品でも、摂りすぎは良くありません。バンランスがとても重要なのです。

 

脂肪燃焼効果を得るためにコーヒーを利用したい方、ガンや生活習慣予防として利用したい方なども居ると思いますが、1日の量で言うと3杯〜6杯くらいまでが限度です。年齢によっても異なりますし、カフェインが効きやすい人はもう少し制限してみて下さいね。

 

様々な研究結果でも3杯〜6杯くらいのほうが健康効果を得られていて、適量を毎日利用していた方が効果を得られているとわかっています。疾患を予防するためでも、脂肪燃焼効果を高めるためでも、1日3杯前後が適量ではないかとと思います。1日に10杯以上飲んだからと言って効果が高まるわけでは無いので、注意してみて下さいね。

 

脂肪燃焼や健康効果が得られるのは、カフェインによる作用と、ポリフェノールであるクロロゲン酸のおかげです。特にカフェインは飲みすぎると、興奮作用が高くなってしまいます。カフェインの過剰摂取によって心臓に負担がかかり、急性の心臓発作などを起こし、最悪亡くなられた方も居るため飲む量はあまり過剰にならないようにしましょう。

コーヒーは飲みすぎるとカルシウムが流出

コーヒーを飲むと亜鉛の吸収を妨げ、カルシウムの流出を高めてしまうと言われています。多少コーヒーを飲むくらいなら影響はありませんが、脂肪燃焼効果を高めるため大量に飲む場合は注意してみて下さいね。

 

インディアナ州の大学による研究では、1日に2杯以上の場合リスクが高まると分かったそうです。2杯以上飲む方はミルクを入れたり、食事でカルシウムを補給するよう注意しましょう。脂肪燃焼効果が期待できるコーヒーですが、その場合は1回につき数杯のコーヒーを飲む事もあります。そんな時にはコーヒーにミルクを入れることをおススメします。ミルクを入れると味がまろやかになったり、胃を荒らす危険性も少なくなります。

 

カルシウムは単体だけで摂取しても吸収が良くないこともあるため、色々な食品と組み合わせるほうが良いでしょう。コーヒーをたくさん飲む人の方がカルシウム保有率が低いというのは、実際にはコーヒーだけの影響かは分かっていないこともあるようです。

 

脂肪燃焼効果を高めるために一気に飲みすぎないことや、食事でも小魚やカルシウムが含まれている野菜なども活用しましょう。カルシウムの吸収を助ける栄養素としては、マグネシウム・ビタミンD・オリゴ糖・大豆イソフラボンなどがありますよ。

関連ページ

コーヒーでリラックス効果を得るための飲み方
リラックス効果を得るためのコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーで眠気覚ましは逆効果になる事も
眠気覚ましにコーヒーを飲むことは逆効果になり得ることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分
コーヒーの脂肪燃焼が下がる缶コーヒーの糖分について解説しています。
コーヒーを飲みすぎると太る?
コーヒーを飲みすぎると太る、という説の真相ついて解説しています。
コーヒーを飲みすぎると…
コーヒーを飲みすぎることによって、寝られなくなったり、疲れたりといったリスクについて解説しています。
コーヒーは鉄分と一緒はダメ
コーヒーは鉄分と一緒はよくないことについて解説しています。
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴
コーヒーを飲まないほうが良い人の特徴について解説しています。
コーヒーを飲むと近くなるもの
コーヒーの利尿作用や排便を促す作用について解説しています。
こんなコーヒーの飲み方はダメ
おすすめできないコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼が低くなる?コーヒーの悪い飲み方
脂肪燃焼が低くなるコーヒーの悪い飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果が高くてもブラックは飲めない?
ブラックコーヒーが苦くて飲めないという人の対処法について解説しています。