脂肪燃焼があるコーヒーの効果

脂肪燃焼効果とコーヒーの入れ方の違い

脂肪燃焼効果が期待できるコーヒー、でもバリーションが多く、その違いを知っている方は少ないですね。まずは、浅炒りと深炒りとに分けられます。これは焙煎の違いで、浅炒りは加熱時間が短いためポリフェノールが多めです。脂肪燃焼効果を高めるなら、浅炒りがおススメです。

 

コーヒー

深炒りコーヒーはエスプレッソで抽出することが多いです。カフェラテ、カプチーノなどがこれにあたります。イタリアやフランスなどで飲まれるコーヒーで、濃いコーヒーが出来上がります。しかし、濃くてもミルクをたっぷり入れることから、コクがあっても味はまろやかにする事ができます。カプチーノはエスプレッソにあわ立てた牛乳を加えたものです。一方カフェオレはドリップコーヒーにミルクを入れたものです。浅炒りコーヒーを使うためポリフェノールは多めになります。

 

深炒りはカフェインが多めと誤解されがちですが、焙煎時間が長いだけでカフェインの量が多いわけではありません。コーヒーの味を楽しみながらカフェインが少なめが良い方におススメします。つまり脂肪燃焼効果や健康効果をより得たいなら、浅炒りのドリップコーヒーのほうが効果が高くなると言えますね。特にポリフェノールの効果を得たい場合には、浅炒りのコーヒーを選ぶようにしてみて下さい。

関連ページ

カフェインが少なめが良いならギリシャ・コーヒー
カフェインが少なく、ポリフェノールが多いギリシャ・コーヒーについて解説しています。
脂肪燃焼効果が高そうなヘルシアコーヒー
脂肪燃焼効果が高そうなヘルシアコーヒーについて解説しています。
脂肪燃焼効果も高いアメリカンコーヒー
脂肪燃焼効果も高いアメリカンコーヒーについて解説しています。
脂肪燃焼効果も得られるコンビニの本格コーヒー
脂肪燃焼効果も得られるコンビニの本格コーヒーについて解説しています。