脂肪燃焼があるコーヒーの効果

脂肪燃焼効果が高いコーヒーによるダイエット

コーヒーの美容効果で良く知られているのが、脂肪燃焼効果ですね。カフェインとクロロゲン酸という2つの成分によって脂肪燃焼効果が期待できます。まず、カフェインには脂肪を分解することができるリパーゼという消化酵素が含まれています。脂肪を分解するためには、このリパーゼという分解酵素がとても重要になるのです。この酵素によって脂肪酸とグリセリンに分解し、脂肪を燃焼してエネルギーに変えることができます。

 

また、クロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールの事です。これも脂肪燃焼効果が期待できる成分なのです。クロロゲン酸は、細胞の中にある燃焼器官でもあるミトコンドリアに働きかけます。より脂肪を多く取り込み、脂肪を燃焼するのを助けるというわけです。つまり、コーヒーには2つの成分によって、脂肪燃焼効果が期待できるのですね。

 

ダイエットを考えている方にとっては、コーヒーは強い味方になってくれます。カフェインやクロロゲン酸が濃いコーヒーのほうが、脂肪燃焼効果がより期待できますよ。特にクロロゲン酸は食事から入っていた脂肪と、既に付いている脂肪の両方に働きかける事が分かっています。クロロゲン酸を多く配合した飲み物が、トクホとして活用されているのもこのような意味があるわけです。

関連ページ

コーヒーの脂肪燃焼が高いのはホット?アイス?
脂肪燃焼効果を高めるコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼を更に高める塩
塩を入れることによってコーヒーの脂肪燃焼を更に高められることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼を高める飲み方のコツ
コーヒーの脂肪燃焼を高める飲み方のコツについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼を相乗効果で高める豆乳
豆乳がコーヒーの脂肪燃焼を相乗効果で高めることについて解説しています。
コーヒーは筋肉痛を予防する効果も
コーヒーの筋肉痛を予防する効果について解説しています。
コーヒーは脂肪燃焼効果があるだけでなく持続力も作る
コーヒーが持続力を作ることについて解説しています。
こんな人はコーヒーの脂肪燃焼効果が薄れちゃう
コーヒーの脂肪燃焼効果があまり得られないと感じている人は、摂取カロリーを減らす努力が必要です。
血糖値と脂肪燃焼で痩せるコーヒーの飲み方
血糖値と脂肪燃焼で痩せるコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果を下げてしまう砂糖とは
脂肪燃焼効果を下げてしまう砂糖について解説しています。