脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーの脂肪燃焼が高いのはホット?アイス?

ホットコーヒー

コーヒーにより脂肪燃焼効果を高めるならホット?それともアイス?コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸が、脂肪燃焼効果と関係しています。しかし、これらの成分は冷たいと効果を発揮しにくいです。その理由から、脂肪燃焼効果を高めるためにはホットコーヒーが良いことになりますね。

 

ただし、クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、熱に弱いため、熱湯でコーヒーを入れるのは避けてみてください。つまり脂肪燃焼効果を高めるコーヒーの飲み方は、熱湯より低い温度のお湯でホットで入れるコーヒーと言うことになります。

 

また、浅炒り豆を利用したほうがクロロゲン酸が多く、更に4時間おきくらいにこまめに飲むのがおススメです。食後や運動前、入浴前に飲んでも脂肪燃焼効果が高まります。食後に飲めば食事の区切りが付き易くなり、食べ過ぎ防止にも役立ててくれますよ。

 

海外の研究結果では、ブラックコーヒーを3杯飲んでから運動をすると、通常と比べて2倍もの脂肪燃焼効果が期待できたという報告があります。食後や入浴などの組み合わせ方は効果が薄いため、できるだけ有酸素運動などと組み合わせて脂肪燃焼効果を高めましょう。筋トレとかでも良いのですが、脂肪を燃焼させるためにはやはり有酸素運動が効果的ですね。

関連ページ

コーヒーの脂肪燃焼を更に高める塩
塩を入れることによってコーヒーの脂肪燃焼を更に高められることについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼を高める飲み方のコツ
コーヒーの脂肪燃焼を高める飲み方のコツについて解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼を相乗効果で高める豆乳
豆乳がコーヒーの脂肪燃焼を相乗効果で高めることについて解説しています。
コーヒーは筋肉痛を予防する効果も
コーヒーの筋肉痛を予防する効果について解説しています。
コーヒーは脂肪燃焼効果があるだけでなく持続力も作る
コーヒーが持続力を作ることについて解説しています。
こんな人はコーヒーの脂肪燃焼効果が薄れちゃう
コーヒーの脂肪燃焼効果があまり得られないと感じている人は、摂取カロリーを減らす努力が必要です。
血糖値と脂肪燃焼で痩せるコーヒーの飲み方
血糖値と脂肪燃焼で痩せるコーヒーの飲み方について解説しています。
脂肪燃焼効果が高いコーヒーによるダイエット
コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸による脂肪燃焼効果について解説しています。
脂肪燃焼効果を下げてしまう砂糖とは
脂肪燃焼効果を下げてしまう砂糖について解説しています。