脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーはアルツハイマーを予防する

コーヒーには炎症を抑える働きがあり、アルツハイマーの予防として良いと言われてます。アルツハイマーとは脳の神経が少しずつ壊れる病気です。脳が萎縮し、記憶力に弊害が出てしまう病気です。コーヒーを1日3〜5杯飲むと、アルツハイマーの疾患リスクが70%も下がるという報告があります。

 

コーヒーにはポリフェノールが含まれており、体のサビから守ってくれる働きがあるのです。人は酸素に触れている以上、いつも酸化する可能性がありますが、抗酸化物質があることで細胞のサビを防いでいます。脳も徐々に細胞が老化してしまうため、それを防ぐためにコーヒーの抗酸化物質が有効となります。

 

脳の老化を防ぐためにはコーヒー以外にも、適度に運動する事も良いと言われています。コーヒーには脂肪燃焼効果もあり、相乗効果も上手く活用してみると良いでしょう。適度な刺激があると脳が活発化されて、アルツハイマーや認知症などの能の病気を防ぐといわれていますよ。

 

どんどん高齢化社会となっている現代では、どれだけ脳や体を健康に保つかは多くの人の課題となっていますね。コーヒーは脂肪を燃焼して体重を管理したり、脳の老化を防ぐためには欠かせない飲み物となりそうです。

関連ページ

コーヒーはガン予防も
コーヒーのガン予防効果について解説しています。
コーヒーは通風予防も
コーヒーの通風予防効果について解説しています。
コーヒーによる眠気覚まし
コーヒーの眠気覚ましの効果について解説しています。
コーヒーの集中力アップの飲み方
集中力をアップしたい時のコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼効果を利用し血圧を下げてみよう
コーヒーの血圧を下げる働きについて解説しています。
コーヒーの喘息予防について
コーヒーの喘息予防の効果について解説しています。
コーヒーはうつ病予防にも
コーヒーのうつ病予防効果について解説しています。
コーヒーは頭痛改善にもおススメ
コーヒーが頭痛改善に効果的な理由について解説しています。
コーヒーは薄毛にも効く?
コーヒーが薄毛に効果的であるかの真相について解説しています。
コーヒーは風邪予防にも
コーヒーが風邪の予防に効果があるかの真相について解説しています。
コーヒーは冷えるは誤解
コーヒーを飲むと体が冷えるという説は誤解です。それについて解説しています。
疲れたときに便利なコーヒー
コーヒーのリラックス効果、疲労回復効果について解説しています。