脂肪燃焼があるコーヒーの効果

コーヒーは冷えるは誤解

コーヒーは飲みすぎると体が冷えるとも言われていますね。これは、コーヒーが暖かい地方で育てられた植物と言うことから来ているようです。しかし、これはもしかしたら誤解なのかもしれません。

 

コーヒーには、カフェインの作用によって交感神経を高めて、末端の血管を拡張させる働きがあります。コーヒーを飲むと体がポカポカしてくるのを感じる人もいるはずです。コーヒーを飲みすぎると体が冷えるというのはまったくの誤解で、末端部分の冷えを感じている人には血流促進効果が得られる可能性もあります。体が冷えるのは利尿作用によって尿が増えるためと考えられます。

 

交感神経が働き、体を温めるなら、コーヒーの脂肪燃焼効果も更に高まると考えられますね。冷えるからと考えていた方も、ダイエットのサポートとして飲んでみてください。女性の場合、特に筋肉量が少なく、末端部分の血流が悪くなり冷えを感じやすくなります。この時にコーヒーを飲むと、血流を良くする働きがあり、更に脂肪燃焼効果も期待できるのですから、嬉しい飲み物と言えるでしょう。

 

それでもやっぱり冷えると感じる方は、シナモンやショウガなどを加えて飲むと、冷えを感じにくくなります。更に冷えると感じる方は、軽い運動も組み合せると血流が改善したり、脂肪燃焼も高まって冷えが改善されたと感じると思いますよ。

関連ページ

コーヒーはガン予防も
コーヒーのガン予防効果について解説しています。
コーヒーは通風予防も
コーヒーの通風予防効果について解説しています。
コーヒーによる眠気覚まし
コーヒーの眠気覚ましの効果について解説しています。
コーヒーの集中力アップの飲み方
集中力をアップしたい時のコーヒーの飲み方について解説しています。
コーヒーの脂肪燃焼効果を利用し血圧を下げてみよう
コーヒーの血圧を下げる働きについて解説しています。
コーヒーの喘息予防について
コーヒーの喘息予防の効果について解説しています。
コーヒーはアルツハイマーを予防する
コーヒーのアルツハイマー予防効果について解説しています。
コーヒーはうつ病予防にも
コーヒーのうつ病予防効果について解説しています。
コーヒーは頭痛改善にもおススメ
コーヒーが頭痛改善に効果的な理由について解説しています。
コーヒーは薄毛にも効く?
コーヒーが薄毛に効果的であるかの真相について解説しています。
コーヒーは風邪予防にも
コーヒーが風邪の予防に効果があるかの真相について解説しています。
疲れたときに便利なコーヒー
コーヒーのリラックス効果、疲労回復効果について解説しています。